mail facebook twitter


Depth Journal Vol.04
(2017年5月配信)



Depth × バスルーム


自宅のなかで親密な人しか入らない空間が、ベッドルームやバスルームです。
特にバスルームはあなたの清潔感、印象を大きく左右する場所になるため、その空間づくりにはこだわりたいもの。一人暮らしのマンションやアパートであれば、ユニットバスタイプも多く、広々とした空間であることは稀です。それでもきちんと掃除をして、バスルーム内に並べる小物を厳選するだけでも、すっきりとした清潔な空間をつくることができます。

実はデプスのヘアケアも、男性が「所有したくなる」ことを目指してデザインしました。一般的にスカルプケアは、効果効能を強く主張するパッケージデザインが主流ですが、いざ買おうとしたときに、その主張の強さから購入や所持に抵抗感を覚えるものが少なくありません。

そこで、デプスでは欧米のレトロなパッケージや工業製品のパッケージをモチーフにしながら、現代的な印象のデザインへとカスタマイズ。男性に向けたタフなイメージをミックスして仕上げました。また、色彩設計もデプスという言葉通り、深いグレーやスモーキーなブルーをキーカラーに設定。 “男のバスルーム”に似合うようなシックなカラーを選んでいます。

「頭皮への効果はほしいけど、パッケージデザインはスタイリッシュなものがいい」。
デプスは、そんなライフスタイルにこだわりがある男性にこそ、愛用していただきたいシリーズなのです。


【毛髪と頭皮にまつわるウソ・ホント!?】


Q.“ヘアブラシ”を使ったほうがいいってホント?

A. ホント

男性誌のヘアケア特集でも見かけることが多い、ヘアブラシ。しかし、実際に使っているか?というと、使っていない人のほうが多いのかもしれません。

ヘアブラシを使うメリットは、“毛流れが整う”ことにあります。そもそも、後頭部の髪がどんな状態かは自分の目では直接確認できないため、いくら鏡に映る部分が整っていたとしても、後頭部や側頭部の髪型が乱れていたり、フケがついていたり…といったことも少なくありません。ヘアブラシを使えば、そんな後頭部や側頭部にもアプローチできるため、毛流れを整え、フケやほこりを落とすことも可能。しかも、毛髪のなかに空気をいれることができるため、髪型全体のボリューム感がアップ。ふんわりとした若々しいヘアに仕上がることができるのです。

最近は“スカルプブラシ”といった頭皮ケアを考慮したものも発売されており、このタイプであれば頭皮マッサージもできて一石二鳥! いつものヘアケアに、ぜひヘアブラシを仲間入りさせてください。



    NEW

  1. 意外と知らない?コーミングの大切さ(2017年4月配信)

  2. マットワックスを使った、ヘアアレンジ術!!(2018年11月配信)

  3. 秋はスカルプケアエッセンスを使った“頭皮の保湿”を(2018年10月配信)

  4. 日焼けした頭皮のアフターケア(2018年8月配信)

  5. 男前な“浴衣ヘア”のつくりかた(2018年8月配信)

  6. Depth ウェット ソフト ワックスの使い方のコツ(2018年7月配信)

  7. 毛髪についての悩み:白髪(2018年4月配信)

  8. 意外と知らない!ヘアワックスとジェルの違いとは?(2018年4月配信)

  9. 将来への投資として選びたい Depthシリーズ(2018年1月配信)

  10. Depthシャンプー3種類の違い(2017年12月配信)

  11. どれを選べば正解?買うべきスカルプシャンプーとは?(2017年10月配信)

  12. スタイリング剤の使い分けで“いつもの髪型”から脱却!(2017年10月配信)

  13. 男女兼用で使える“シェアコスメ”のシリーズ(2017年9月配信)

  14. ヘアスタイルを左右するサロン選び(2017年6月配信)

  15. Depthの香りに込めた想い(2017年5月配信)

  16. Depth × バスルーム(2017年4月配信)

  17. 昔から知られている、 温・冷・温の健康メソッド(2017年5月配信)

  18. 知ってるつもり? コンディショナーやトリートメントの効果(2017年1月配信)

  19. 薄毛予防は正しいシャンプーから!身体を洗う順番にも要注意。(2016年12月配信)


CART