mail facebook twitter

002 HIROSHI KOBAYASHI& AIRI FUJIHARA at'LAV

プロのスタイリストが語るDepth

プロの目から見たDepth(デプス)とは?第2回となる今回は、取扱店at'LAVに訪問。プロならではのDepthの使い方や、お客さんからの評価や反応など、 トップデザイナーの小林さん、スタイリストの藤原さんに伺った。

ベルガモットやシトラスなどの香りが男女共に好印象を

Depthを使ってみて、どういう印象を持ちましたか?

小:品質がスゴくいいと思いました。あと高級なイメージというか、自分をセンスアップさせてくれるような感じがして、僕は好きですね。お客様からは、香りに対する反応が一番多いです。香りにこだわりのある男性からの評判がとてもいいですね。

     

藤:Depthは本当に香りがすっごく良くて。今まで男女両方使えるスカルプ系や頭皮用もいっぱい使っていますが、スカルプ用品ってちょっとお父さんみたいな薬用系のにおいのイメージで。。。でもDepthは、はじめにベルガモットやシトラスなどのいい香りなので抵抗なく普通に使えますね。

香りについて、お客様からのご感想があれば

小:他の男性向けスカルプ用品を使っていた方がDepthに変えたら、「スースーしたおじさんっぽい良いにおいより、なんか今使ってるやつ、いいねー」って奥さんに褒められたと言っていました。あとDepthを使って男性のお客様にシャンプーをしていたら、隣の女性のお客様が「あ、なんかいい香りがする」って言ってくれたりとか。あとは、「長時間、香りが残る」とか。

いままでのスカルプケア用品との、匂い以外の点で明確な違いはありますか?

小:ビジュアルがカッコいい!あと、シャンプーの形状がそもそも違うし、洗顔料みたいなクリームっぽい質感は今までのスカルプ系ではなかったんじゃないでしょうか?そこが僕の中では結構好きかなと。あとは泡立ちやすいところですね。

藤:成分によっては頭皮にあまりつけない方がいいのですが、Depthはしっかり地肌からつけてハンドマッサージできます。シャンプーで頭皮をクリアにして、トリートメントでパックする感覚で保湿するフローができれば完璧です。

マッサージの仕方でコツがあれば教えてください。

藤:マッサージをする時、しっかり地肌を動かして、毛細血管を刺激するようにやるのがポイントです。すると、だんだん頭皮が柔らかくなってDepthの良い成分が染み渡りやすくなってきますよ。あとは、すすぎ残しがないようにして欲しいですね。

「自宅のお風呂場がランクアップした」と実感できるビジュアル

どういう人にDepthを勧めますか?

小:基本、ジェルとかグリースとかハンドスプレーとか、スタイリング剤をたくさん使っている人にはまずDepthを勧めます。樹脂系のモノって結構毛穴を埋めやすいので、そういう人にはシャンプーで頭皮を綺麗にしたほうがもちろんいいですよっていうことはお伝えします。

Depthはどういう感じで勧めていますか?

小:若い人には、デザインとか匂いの方から勧めますね。「ちょっと洒落たやつ使わない?」とか、「これまだ使ってる人が少ないと思うけど。」みたいな。“自分だけ”みたいなものを探している人が結構多いみたいなので、そこで結構「おっ?」ってなってくれていますね。大人の方には、品質や成分などについて伝えています。Depthって、モノがすごくいいので勧めやすいです。

藤:「男性向けのちょっと特別なシャンプーあります」とか、「何個かある頭皮用のシャンプーの中でも、特に男性に使っていただくのをオススメしているシャンプーです」っていうとすごい「えっ?なにそれ!」って良い反応をしてくれます。

購入されたお客様はいますか?

藤:男性のお客様、何名かに購入して頂いたのですが、みなさん「パッケージとかもおしゃれだから家に持って帰って、並べたくなる」って言っていて。実際に置いてみたら「お風呂場がランクアップした!」って絶賛していました。スカルプ系って、分かりにくいですし、見た目の大事さっていうのも改めて感じましたね。

小:「ちょっといいシャンプーを使ってみたかったけど、どれを選べばいいかわからなくて買えなかった」という人が気に入って購入してくれたりすることが案外多いですね。

 

藤:あとは、わたしが使っていることで興味を持ってくれた女性のお客様は、お店で試してからプレゼントとして旦那さんとか彼氏さんに買って帰られました。私自身もDepthのシャンプーを他のシャンプーと組み合わせて一週間のあいだでちょこちょこ2回とか3回とか使っています。Depthのエッセンスも使っています。ただ私の場合は、ダブルカラーで長さがあるので、若干最初はきしみが気になったんですけれど、トリートメント使えば問題ないかなって感じです。

1週間同じシャンプーじゃなくてもいいんですか?

小:自分なりにあったやり方があると思うので、他の商品と組み合わせてのケアをしてもいいと思います。皆さんもそれぞれカスタムしてやってると思いますよ。

カスタムする上で、他ブランドの商品と組み合わせる際のコツがあれば

藤:シリコンが多いものではないほうがいいかもしれないですね。私は家でノンシリコンのシャンプーを使ってます。そこまで気にしなくていいとは思いますけど。

小:たしかに市販の、洗い上がりが”つるっつる”になるシリコン系のやつは避けたほうがいかもしれないですね。さっと軽く洗うだけで洗えた!と感じてしまうのはあまり相性としては良くないかもしれないです。しっかり頭皮も洗って欲しいので。

柔らかく、弱くなっていた髪の毛に変化が

Depthの使用前と使用後で、何か変化があったお客様はいらっしゃいますか?

小:半年くらい前から使い続けている方がいらっしゃるんですけれど、つい先日その方がお店にいらして、少し変化が感じられたんですよ!もともとそんなにお困りの方ではなかったんですけれど、ちょっと髪の毛が柔らかくなってたんです。それが、生き返ったというか、生き生きしているような感じ、と言っていましたね。僕もカットしていて、それは感じました。

          

その方は、どの製品を、どのくらいの期間使用されていますか?

          

小:シャンプー、マスク、エッセンスまでを半年前から続けていて、トニックは3か月前くらいに始めていました。多分ちょっと兆しが見えたから、さらにエッセンスで効果を上乗せしたいと思ったのかと。エッセンスとトニックは毎日の朝晩しっかりとやっていて、結構ハマってるみたいです。

Depthを生かすためにはしっかりと予洗いを

具体的なDepthのデメリットがあれば教えてください。

 

小:”髪のきしみ”ですね。僕の髪の長さでショートを使うと、頭皮はすごいすっきりしますけれど、髪をツルっとさせたい場合はトリートメントをつけないとですね。あ、でも必ずしもってことではなく、自分のなりたいイメージに合わせて選ぶべきです。僕なんかは、結構髪の質感よりもDepthの匂いでいきたいので。例えばベリーショートの方とかで、髪の毛がサラサラな感じでなく少しキシッとしたひっかかりみたいな質感が好きな方もいますし。

藤:購入されたお客様で、ワックスをつけている時の予洗いや洗い方について知らなかった方に「泡立たない」と言われました。なので、”予洗いをしないとあまり効果的に使えないかも”っていうところでしょうか。

予洗いに時間を掛けない人の方が多そうな気がしますが

小:普通は濡らして即シャンプーとかですよね。でも予洗いって本当に大事なので、ぜひしっかりやっていただければと。だいたいショートの人でも1分くらいはしてほしいですね。髪の毛の触った感じも変わってきますよ。

藤:予洗いが面倒な方や、ハード系、マット系、スプレーとかでがっちり固めている方は、スタイリング剤のついた髪の表面を別のシャンプーで洗い流してから地肌をしっかり洗う、っていうやり方でもいいかもしれませんね。本当に予洗いは重要で、これを怠るとDepthのいい点が生かせないのでもったいないです。

2度洗いの必要はありますか?

 

小:髪についた埃などの汚れをちゃんと予洗いで落としてもらえれば、普通の男性の髪の長さの方だったら基本的にしっかり1回で落ちます。僕くらい長かったり、髪の毛の先にマット系のワックスをがっつりつけている方とかだと、ちょっと多めにシャンプーを出したりしないといけないですけれど。

 

靴磨きのように、頭皮ケアを楽しんでほしい。

もし、4種類のうち1つだけお勧めするなら

 

藤:やっぱりシャンプーですね。毛穴が詰まったり、頭皮が汚れたままエッセンスなどの栄養分を入れても浸透しないので、土台というか、健康な髪を作るっていう意味では頭皮のほうが髪の毛より大事なので。もっとロングのスタイルになると毛先の枝毛とかカラーの色持ちとか気になるかもしれないですけれど、生えてこなかったら結局意味がないんで。

小:プロから見ると、シャンプーがいいですね。30代、40代の男性でそこまで髪は長い方はあまりいないと思うので。まぁ僕は髪の毛、長いですけれど。すっきり感がとてもあるので、その感じが好きな人も多いでしょうから。

最後に、こんなお客様に買っていただきたい、等ありましたら

 

藤:こんなお客様に、というよりは、幅広い年齢の方に使っていただきたいですね。香りもパッケージも、中身の品質も良いので、若い方には「あれ、なんかおしゃれじゃない、これ?」みたいな感じで入ってもらってもいいですし、大人の男性には品質重視で選んでもらって。そういった意味で入り口が広いですよ。

小:男を上げたい人には、ぜひ!。おしゃれな人は靴をよく磨いたりしますが、そういう感覚で頭皮ケアも楽しんで欲しいですね。女性が、洗顔やスキンケア、お化粧をするような感じで。

PROFILE
小林 裕司さん
トップデザイナー。サロンワークの傍ら、一般誌でも活躍。トレンドを踏まえたナチュラルなスタイルが得意で、ファッション業従事者やメンズモデルから圧倒的支持を受ける。
藤原 愛莉さん
スタイリスト。Instagramで展開される独自のヘアアレンジやデザインカラーが話題で、フォロワー数は15,000人を越える。”東京ブレンド”のメンバーとして撮影・ヘアメイクにも携わっている。at'LAV新規指名率No.1。
https://www.instagram.com/belle_airi/
LOCATION
at'LAV
海辺のテラスをイメージしたアンティークなアーリーアメリカン調の一軒家サロン。ハイセンス&ハイクオリティをテーマに創られる洗練されたスタイルは、数々の雑誌でランキング1位を獲得。サロンの名前であるat'LAVは、〈at’(ここで)皆様との深い繋がり(Lan)を持てる様に、トレンドを加えたヘアスタイルを研究(Laboratry)して、愛(Love)のあふれる空間を〉という造語で、その名に違うことなく、業界でも常にトレンドを発信し続けている。
http://www.at-lav.com/